宅建取引主任者・資格取得のための通信講座|スクールガイド

宅建取引主任者の資格試験の概要について


資格名宅建取引主任者
資格の種類国家資格
受験資格年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験可能
試験期日毎年1回・10月の第3日曜日
試験内容・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
・土地及び建物についての法令上の制限に関すること
・宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
・宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
・宅地及び建物の価格の評定に関すること
・宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること
試験方法(四肢択一式/50問)
登録講習修了者は45問
受験手数料7,000円
合格発表原則として、毎年12月の第1水曜日に、都道府県ごとに発表
試験指定機関財団法人 不動産適正取引推進機構
合格後の手続き宅地建物取引主任者として業務に従事しようとする方は、受験した試験地の都道府県の登録を受ける事が必要
[登録可能の条件]
1.宅地建物取引主任者資格試験に合格された方
2.宅地建物取引業の実務(一般管理事務は除く)の経験が2年以上ある者
3.国土交通大臣の登録を受けた宅地又は登録実務講習を修了した者
4.国・地方公共団体又はこれらの出資により設立された法人において、宅地又は建物の取得又は処分の業務に従事した期間が通算して2年以上である者で、かつ、宅地建物取引業法第18条第1項各号に掲げる欠格要件に該当しない方
(※実務経験又は登録実務講習修了の有効期限は、都道府県によって異なる場合あり)


ユーキャンの宅建取引主任者講座
資格ユーキャン

宅建取引主任者の資格@通信講座|スクール情報メニュー